山口清裕の名称未設定

アクセスカウンタ

zoom RSS tune!アストレイ キヨさん視点2

<<   作成日時 : 2016/04/18 16:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

tune!の話はもう少し続くんじゃ。
キヨさん視点だからまあよかろうて。
聡美さんと寺島君のかわいさかっこよさはもうみんなの方がご存知だろうからもういいよね!←王

今回は声優と劇団が交わる型の
とても互いの歩み寄りもある程度必要な
公演だと考えていました。
僕は良くも悪くもその中間にいるので
劇団鈴木区と声優寺島佐藤の間に
劇団の進め方や声優の取り組み方などで
必ず生じるであろうノイズのようなものがあれば
それを取り除きお互いの想いをクリアに伝えるのが
僕がこのチームに出来る事かななんて
縁の下の力持ち気取りでありました。

でもこれは純粋に「僕が頑張らなくちゃ」とかいうかっこいい話ではなく
寺島佐藤と鈴木区は明らかに
認め合って思い合ってるのに(笑)
例えば些細なすれ違いをほったらかして
この関係がこじれて行くのが勿体なくて…
っていう超打算的な思惑なんです。
智晴さんの夢の1つでありますが
僕のやりたい事の1つでありました
だからこそ、この夢を終わらせるわけにはいかねーぜ!
なんなら一年に一回やりたいんだよ!

でもね…そんな心配は杞憂だったの

稽古始まって聡美さんが、劇団の人とご飯食べたりしたいって積極的に歩み寄ってくれて、寺島君もものすごくハードなスケジュール期間の中、時間をたくさん割いてくれて鈴木区の空気に馴染もうとしてくれたの。
一方鈴木区も変に意識したりせず本当にいつも通りの鈴木区の空気で2人を迎え入れてくれて、自然に共演者になっていった
結果、小屋入りした時はもうほとんど馴染みすぎていてなんならうるせーうるせー(笑)
僕はそれの風景が見られて本当に幸せだった。
智晴さんも楽屋の音が大きくてお客さんに聞こえちゃうからって注意しに何度か来てくれたんだけど、楽しそうな僕らを…特に寺島君とかを見て「くそwあいつら楽しそうだなw」って言いながら、僕らを静かにするのではなく、楽屋の音が漏れない配慮を舞台監督さんとしてくださったりしてたけどほんとは僕らあかんねんで!(笑)

はい長〜い
ここまでーーー


どうしよう、全然話し足りないんだけど
どうしたらいいの。

続きは次回を待て。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
tune!アストレイ キヨさん視点2 山口清裕の名称未設定/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる